積み木

不動産投資をするなら|利用者に評判の高い日本賃貸保証を利用しよう

自分の状況に合わせよう

マンション

マンション経営を始めるといった場合、その方法は2つあります。1つはすでに保有している土地に1棟マンションを建設して賃借人を募集するといった方法です。もう1つは中古の投資用マンション等を購入するという方法です。言い換えれば、新築物件でマンション経営を始めるか、中古物件でマンション経営を始めるかということになります。新築物件と中古物件には、それぞれにメリットがあり、一概にどちらを選ぶべき、と決めることはできません。マンション経営を始めようと考えている人の状況や投資環境を踏まえたうえで新築物件にするか、中古物件にするか決めるべきです。中古物件のメリットの1つは過去の実績を見ることができるという点です。チラシや不動産投資情報サイトを見ると、入居中なのか空室なのかがわかります。また、不動産会社に問い合わせをすることで、修繕履歴を把握することができます。一方、新築物件の場合には、完成してから入居が始まるので、過去の実績というものはありません。しかし、すべてが新しいものなので、修繕をしばらく行う必要がありません。ここが新築物件のメリットと言えます。また、築10年以内の瑕疵については無償修繕が義務付けられています。価格面からみれば、中古物件に優位性があるように見えますが、すでに土地を持っている場合には建物の建設費用だけ負担すればよいので、必ずしも中古物件の方が安く済むというわけでもありません。これらの違いを踏まえたうえで、マンション経営を始めましょう。