積み木

不動産投資をするなら|利用者に評判の高い日本賃貸保証を利用しよう

不動産投資の必需品

婦人

安心して貸主になるために

家賃債務保証とは、借主の連帯保証人の役割を会社が請け負ってくれる制度です。高齢者や外国から来た人にとって連帯保証人を見つけることは難しいため、借りたい物件があっても賃貸契約を結ぶ前に断られてしまうことが多くあります。貸主にとっても、自分の持つ不動産が空き続けていることはプラスになりません。そんな時、家賃債務保証の制度を利用することで、借主が家賃を払えなくなった際に会社が家賃を立て替えてくれるのが家賃債務保証です。会社が立て替えた家賃は、借主と家賃債務保証の契約を結んだ会社が借主に直接支払うよう請求されるため、貸主や管理会社が借主に請求する必要はありません。また、借主の収入不足などによる家賃の滞納があった場合でも、家賃債務保証会社が家賃を立て替えて貸主に支払いを行ってくれるため、貸主は安心して賃貸契約を結ぶことができます。従来の賃貸契約では、連帯保証人は親子や親族関係者に頼むことが一般的でした。一方、近年は家族関係の希薄化や高齢化などによって、家族に頼みたくない人や頼める人がいないという入居希望者が増えてきています。また、日本の人口も年々減少しているため、入居希望者とできるだけ早く賃貸契約を結ぶことは貸主の安心につながります。家賃債務保証制度を利用することで、連帯保証人のいない入居希望者と安心して賃貸契約を結ぶことが可能になるのです。物件を貸しやすくするためにも、家賃債務保証は借主、そして貸主にとって利用したい制度です。